Top / メインクエスト・第一部
HTML convert time: 0.063 sec.

メインクエスト・第一部

Last-modified: 2014-03-18 (火) 20:39:18

メインクエストとはElona第一部のストーリー進行の大部分を占める重要な連続クエストである。

もちろんメインクエストを無視して依頼やサブクエストに明け暮れてもElonaは楽しめるが、
メインクエストの進行でしか手に入らない固定アーティファクトが存在するのでそれ目当てに進めても良いし、
手近な目標を達成し次の目標が見つからない時は、とりあえず進めてみる程度でも良い。

なおメインクエストには期限が設定されていないため、進行を中断して遊び回っていても問題ない。
現在のメインクエストの進行度合いは[j]キーでジャーナルを表示し[メインクエスト]欄で確認出来る。

00 チュートリアル

注:ジャーナルには表示されず無視して進める事も出来るが、最後まで終えると「クエストを達成した!」と表示される。
冒険開始地点でロミアスからチュートリアルが受けられる。
受けても受けなくてもロミアスに出て行くように言えばクエスト達成となりいくつかの家具を入手する。
ヴェルニースに入ってしまうとロミアス、ラーネイレは自動的に消えるので注意。

01 レシマスへ行こう

ゲーム開始直後はこの状態。
チュートリアルでロミアスに言われたとおり洞窟を出て南東のヴェルニースの街へ向かおう。
ある程度依頼をこなし準備が整ったらレシマスを少しずつ深く探索してみよう。
チュートリアルやヴェルニースを無視してレシマスを探索することも出来るが、
ヴェルニースに入ってイベントを見ないと以降のクエストが進まないので注意。

レシマス3階まで

ゲーム開始直後はレシマス3階より下には進めない。
まずは冒険の準備を整えてからレシマスへ向かおう。

02 書簡配達

レシマス3階の今降りてきたばかりの階段の近くに怪しげな黒いローブの男が居るので話しかけよう。
ついミンチにしてしまっても復活するので、その際は慌てず時間が経ってから再訪問しよう。
話しかけるとパルミアのジャビ王にこの書簡を……などと、遺言とその書簡を残してすぐに事切れてしまう。
彼の言った通り、遺留品は有り難く使わせてもらおう。ジャビ王への書簡は自動的に手に入れているため拾う必要は無い。また、この状態では鍵のかかった扉が階段をふさいでいる為、レシマス4階から先へ行くことはできない。

03 ジャビ王の願い

パルミアは丁度ヴェルニースから東に行けば到着する。
街の北西に有る城内のパルミア王『ジャビ』に会話すると、報酬を貰うことが出来る。
更にジャビ王から、もし協力してくれるなら城の図書館に居る司書に話し掛けるように、と言われる。

レシマス17階まで

04 冒険者カラムを探せ

図書館の司書と会話し協力を申し出ると、
レシマス深部の探索に当たっている冒険者のカラムという人物を探してくるよう言われた。
彼は最低でも16階より先の階層に居るらしい。
ここで協力を申し出ないとレシマス3階の扉は開かない。
注:レシマス15階から16階に降りると、あるNPCが消滅する。

05 レシマスの秘密

レシマス17階に降りると3階の時とほぼ同じように、
重傷を負ったカラムからレシマスの秘宝の謎と陰謀の一端を聞かされる。
パルミアまで行き、彼の話を司書エリステアに報告しなければならない。
また、先へ進もうにも、レシマス17階も鍵のかかった扉が階段をふさいでいる。

三つの魔石

三つの魔石はメインクエストを進めなくても各ダンジョンのボスを倒せば手に入れられる。
進め方によってはレシマスに潜らずに先に手に入れることも可能。

06 封印の鍵

レシマス最下層の封印を解く為に必要な三つの魔石の入手を依頼された。
賢者の魔石は《灼熱の塔》に、愚者の魔石は《死者の洞窟》に、覇者の魔石は《古城》にある。
どれからでも挑むことが出来、各ダンジョンのボスを倒せば固定アーティファクトも得られる。
それぞれの魔石はボスを倒した時点で自動的に入手されるため取り逃すことは無い。
魔石入手を依頼された段階でレシマス17階の階段の鍵のかかった扉を開ける事が出来るが、
結局魔石が無いと25階から降りる階段の扉が開かず先へ進めない。
入手後はパルミアの図書館司書エリステアへ報告に行こう。

レシマス最下層まで

07 レシマスの秘宝

魔石の入手を報告すると最後の任務を命じられる。
また、これまでの働きの報酬として固定アーティファクトも貰える。忘れずに拾っておこう。
閉ざされていたレシマス25階の扉が開かれ、先へ進める様になる。
どんどん奥深くへと潜っていくと、やがて最下層へと降りる階段をふさぐ扉が見える。
三つの秘宝を使い最後の封印を開き、最下層に降りよう。

そして…