Top / 神々
HTML convert time: 0.094 sec.

神々

Last-modified: 2014-05-11 (日) 18:34:26

elonaplusの追加要素は青字、本家からの変更点は赤字で記載しています。

信仰スキルや信仰の深さなどについては信仰スキルを参照。


神々

機械のマニ

マニは機械仕掛けの神です。マニを信仰した者は、機械や罠に対する膨大な知識を得、またそれらを効果的に利用する術を知ります。

備考
捧げ物死体、銃器、機械,機械とはブランクディスク・チップなどの機械家具類
ボーナス器用 感覚 / 銃 治癒 探知 宝石細工 鍵開け 大工
特殊能力精密攻撃自動:与える物理ダメージを+10%
下僕アンドロイド近遠両用型。非常に堅い(鎧bitを所持)。
宝物★マニの切り札の宝玉MAP全域を電撃属性で無差別に攻撃
アーティファクト★《ウィンチェスター・プレミアム》


捧げ物は、ヴェルニース直下のアクリ・テオラに祭壇と銃器類を多めに売る店があるので、序盤でも信仰しやすい神様。

ボーナスは、主能力の器用、感覚、そして銃器スキルに補正がかかるので銃を使うPCには嬉しい。
大工スキルも作成できるアイテムが大幅に増えた。

特殊能力は「マニの分解術」から「精密攻撃」に変更。攻撃力が上がってくる中盤あたりから効果を発揮するだろう。
「与える物理ダメージを+10%」なので、近接武器による攻撃にも効果がある。

アンドロイドも性能が変更。適正距離1、近接・遠隔攻撃併用。
被ダメージを1/4に軽減する「鎧Bit」持ち。技能のブーストは削除された。
上記の変更により、頑丈な前衛職として戦えるようになった。
敵の近くで遠隔武器を使うようになったので、★《ウィンチェスター・プレミアム》を持たせてもいい。
また、性別の違いとして♂と♀でグラフィックが変化する。
進化すると、アンドロイド♂ → ガンレイザー、アンドロイド♀ → ガングリフになり、進化時に技能:一斉射撃を取得。
※本家で仲間にしたアンドロイドは本家の性能のまま。
Plus仕様のアンドロイドが欲しい人はもう一度、下僕を貰わなくてはならない。
また、本家の性能のアンドロイドを進化させても、一斉射撃は取得するが、鎧bitは取得しないので注意。

宝物が★マニの再構築の宝玉から★マニの切り札の宝玉に変更。
射撃スキル依存の威力でMAP全域のキャラを電撃属性で無差別に攻撃する。使用者には当たらない。
地形を壊さない核爆弾のような物なので使用の際は注意。

アーティファクトは、高性能だが、散弾銃であるため射程が短いのが難点。
耐性が優秀なため、射撃を使わないペットなどにアクセサリー感覚で持たせるのもいいかもしれない。

風のルルウィ

ルルウィは風を司る女神です。ルルウィを信仰した者は、風の恩恵を受け素早く動くことが可能になります。

備考
捧げ物死体 弓 機械弓
ボーナス感覚 速度 / 弓 クロスボウ 隠密 魔道具
特殊能力ルルウィの憑依同名の技能を取得
15ターンの間、現在の速度の20%+150の加速。消費Sp20
下僕黒天使(♀のみ)近遠両用型。ブースト、罵倒、乗馬適正を所持。
宝物★ルルウィの神速の宝玉18ターン速度上昇
アーティファクト★《ウィンドボウ》


捧げ物は弓、機械弓などの武器。ネフィアで拾うことができる他、武具店で買ったものを捧げてもいい。

ボーナスの速度増加はどんなキャラでも大きな恩恵を得られるので、速度が欲しいときは信仰しておいて損はない。

Plusでは「ルルウィの憑依」の効果値が変更された。
基本の速度も関係するようになり、基本速度が高ければより加速効果が高まるように。

下僕は近遠両用型で、技能で自身を強化したり、相手を朦朧状態にしたりできる。乗馬適正もあるので乗馬用ペットにも最適。
下僕自体に変化は無いが、Plusでは技能:ブーストの効果値が変更された。
「5ターンの間、筋力・器用の50%+10の上昇、速度+120、dvとpvが1.5倍+25」だったのが、
「15ターンの間、筋力・感覚・魔力の30%+10の上昇、速度+130」となっている。
進化すると、黒天使 → 黒熾天使になり、進化時にルルウィの憑依を取得。

宝物は使用することで一定ターンの間、速度が上がる。再使用可能。

アーティファクトは速度を上げるエンチャントが付いている弓。エーテル製である事に注意。

元素のイツパロトル

イツパロトルは元素を司る神です。イツパロトルを信仰した者は、魔力を大気から吸収し、元素に対する保護を受けることができます。

備考
捧げ物死体 魔道具の杖武器の杖や長棒は捧げられなくなった
ボーナス魔力 / 瞑想 / 火炎耐性 冷気耐性 電撃耐性
特殊能力魔力の吸収同名の技能を取得
MPを回復する 消費Sp25
下僕追放者魔法使い型。50%の威力の矢系魔法を1ターンに3連発する
宝物★イツパロトルの秘宝元素魔法ダメージ増加のフィート取得
アーティファクト★《エレメンタルスタッフ》


捧げ物は武器の杖・棒から、振って使う魔道具の杖に変更。ネフィアで拾う他、大工スキルを使って作成したものを捧げてもいい。

ボーナスは火炎・冷気・電撃の3元素の耐性が付く。
信仰の深さによって耐性が上昇する。元素耐性は秘宝を貰えるくらいの信仰の深さから付くようだ。

特殊能力はSPを使い、MPを回復できる技能が使えるようになる。ダイス数は魔力、ダイス面は信仰の深さに依存する。

下僕は魔法使い型。近接、遠隔武器はまったく使わないので、魔力や魔法威力を上げる装備を持たせるといい。
連続魔法bitは性能が変更され、確実に矢系魔法を3連発するようになった。
(APで覚える魔法は、矢系魔法ではないので一般と同じ単発となる。)
本家の仕様に比べて、状態異常効果を発生させやすくなった他、最終的に与えるダメージも少し増えている。
進化すると、追放者♂ → 暗黒魔竜、追放者♀ → 永久追放者になり、進化時に月蝕の檻を取得。
取得する魔法はボール系なので、魔力制御を覚えさせた方が良いだろう。

宝物は使うことで、元素魔法ダメージ増加のフィートを取得。(元素魔法=火炎、冷気、電撃の3種類)

アーティファクトは、3元素の追加ダメージと耐性を得られ、元素の傷跡も発動する。あまり魔法使い向きの装備とはいえない。

収穫のクミロミ

クミロミは収穫の神です。クミロミを信仰した者は、大地の恵みを収穫し、それを加工する術を知ります。

備考
捧げ物死体 野菜野菜は料理済みでも腐っていても良い。
野菜なら育てても買っても拾ったものでもいい
種は捧げられなくなった
ボーナス感覚 器用 習得 / 栽培 錬金術 裁縫 読書
特殊能力無限の活性力自動:スタミナが毎ターン回復
下僕妖精さん遠隔型。食料を与えると種を1~3個吐きだす。
種族の妖精と違って装備制限はなし
宝物★クミロミの活性化の宝玉作物を一段階成長させる / 枯れた作物の復活
アーティファクト★《クミロミサイズ》


捧げ物は、種を入手できる機会が増えたので、それを育てて収穫し捧げよう。種そのものは捧げられなくなった。

ボーナスは、生産系スキルや栽培を上げる。読書も上がるので、魔法使いPCにもいいかもしれない。

特殊能力が本家の「生命の輪廻」から、「無限の活性力」に変更となっている。
しばらく歩くだけでスタミナが全快するほど回復力が上昇する。魔法:リジェネレーションと併用すれば更に増加。
技能の連続使用が容易になるので、技能をよく使用するPCは重宝するだろう。
ただし休息(R)すると無限の活性力の効果が得られない点に注意。

腐った食品から種を取り出せなくなったが、収穫依頼の報酬に必ず種が出るように変更されたので、特に不便はないはず。

下僕は、遠隔型。近接武器は使わないが、地獄の吐息、沈黙の霧、鈍足の魔法を使う。
妖精さんは種を吐き出すのに必要な栄養価が上がった。種が欲しいならば肉・麺類・魚・パン等をあげるといい。
食べさせる食品をハーブ調合して栄養価を上げても、もとの食料の栄養価が基準となる点には注意。
進化すると、妖精さん♂ → デスサイズ、妖精さん♀ → ドリュアスになり、進化時に技能:束縛を取得。

宝物もアーティファクトも栽培関連の品。クミロミサイズは武器というより、栽培用と考えた方が良いだろう。

地のオパートス

オパートスは大地の神です。オパートスを信仰した者は、高い防御力と破壊力を身につけます。

備考
捧げ物死体 鉱石「鉱石の欠片」は鉱石類ではないので捧げられない。
「途方も価値のない~」など一部の鉱石も不可。
クズ石はOK
ボーナス筋力 耐久 / 盾 重量挙げ 採掘 魔道具
特殊能力オパートスの甲殻自動:10%のダメージ軽減。PVによる軽減とは別に
下僕黄金の騎士(♀のみ)近接型。最大所持重量が5倍になる特性を持つ
宝物★オパートスの秘宝ダメージ軽減フィート取得
アーティファクト★《大地の大槌》


捧げ物の鉱石は、「鉱石の欠片」、「途方も価値のない~」などの一部の鉱石は捧げられない。
クズ石は捧げられるので野外を歩いて拾い集めてもいい。採掘スキルを鍛えるついでに洞窟型ネフィアを掘るという手もある。

ボーナスは戦士の長所を伸ばしたり、魔法使いの短所を補ったりできるものが揃っている。

下僕は、近接型。近接武器やPV重視の防具を装備させたい。技能:罵倒も使う。
ペットの重量挙げスキルが成長するようになった影響で、最大所持重量が5倍になる特性が更に使いやすくなった。
シェルター、ベッドだけでなく祭壇(500s)を持ち歩くことだって難しくはないだろう。
進化すると、黄金の騎士 → 黄金聖騎士になり、進化時に技能:超重装を取得。

特殊能力や宝物の効果で死にづらくなるなるので、全てのPCが恩恵を得られるだろう。

アーティファクトは、前衛型に合ったエンチャントが複数付いている。

幸運のエヘカトル

エヘカトルは幸運の女神です。エヘカトルを信仰した者は、運を味方につけます。

備考
捧げ物死体 魚 たらばがに魚は料理済みでも腐ってても可。
釣っても買ってもいいが「魚の死骸」は不可。
ボーナス魅力 運 / 回避 魔力の限界 釣り 鍵開け
特殊能力エヘカトル流魔術自動:魔法の消費MPがランダムに増減
下僕黒猫近遠両用型。
トドメを刺した敵のドロップアイテムに一度だけエンチャント付加
宝物★エヘカトルの秘宝良質なエンチャント生成フィート取得
本家の効果から少し変更されている
アーティファクト★《ラッキーダガー》


捧げ物は魚は料理済みでも腐ってても可。釣っても買ってもいいが、店売りだけで集めるのは難しい。
捧げ物の為だけに釣りスキルを取得するのも1つの手だろう。
Plusでの追加アイテム「たらばがに」を捧げることもできる。レアアイテムで中々店に売っておらず、釣りで入手することはできない。

ボーナスにはさほど見るべき点は無いが、戦いがペット主体なら、魅力にボーナスが入るのは大きい。

特殊能力はギャンブル要素が強く、魔法使いには向いてなさそうな「魔法の消費MPがランダムに増減」だが、
実は平均すると消費がやや低めになるようになっている。消費MPが「増える」事もある点には注意。

下僕は近遠両用型で、魔法、技能も使う。トドメを刺した敵のドロップアイテムに一度だけエンチャント追加という特性を持つ。
特性は首狩りと相性がいいので、手に鎌、遠隔に狙撃銃を持たせるのもいい。
進化すると、黒猫♂ → 大黒猫、黒猫♀ → 黒猫娘になり、進化時に技能:威嚇を取得。

宝物の、エヘカトルの秘宝で得られるフィートは本家と少しだけ効果が変わっている。
本家Elonaでは『エンチャント強度の上限(最大値)が上がる』という仕様だったのが、
plusではフィート無しでも本家のフィート有りと同じ上限になり、『エンチャント強度の平均値が上がる』という仕様になった。
具体的に言うと、本家Elonaより少しだけ良いエンチャントが付きやすくなっている。

アーティファクトは、スタミナ吸収や透明視などの能力が付いた短剣。

癒しのジュア

ジュアは癒しの女神です。ジュアを信仰した者は、傷ついた身体を癒すことができます。

備考
捧げ物死体 鉱石「鉱石の欠片」は鉱石類ではないので捧げられない。
「途方も価値のない~」など一部の鉱石も不可。
クズ石はOK
ボーナス意思 / 治癒 瞑想 解剖学 料理 魔道具 魔力の限界
特殊能力ジュアの祈り同名の技能を取得
体力回復,ホーリーヴェイル,全浄化,リジェネレーションの効果 消費Sp30
下僕防衛者近接型。PCやペットが致死ダメージを受けた時に復活させる
宝物★ジュアの秘宝狂気度緩和フィート取得
★ジュアの聖なる雨の宝玉使用(t)すると癒しの雨の効果
アーティファクト★《ホーリーランス》


捧げ物の鉱石は、「鉱石の欠片」、「途方も価値のない~」などの一部の鉱石は捧げられない。
クズ石は捧げられるので野外を歩いて拾い集めてもいい。洞窟型ネフィアを掘るという手もある。

ボーナスは、意志が物理ダメージの修正値に関係するようになったので、近接PCへの恩恵が大きくなった。
解剖学と料理へのボーナスも付くため、食料を確保しやすい。

特殊能力は、追加効果(ホーリーヴェイル、全浄化、リジェネレーションの効果)が増えた。
HP回復量は意志と信仰の深さで高くなる。
追加効果の強さは信仰の深さに依存し、信仰の深さが高ければ効果ターン数が伸びていく(上限50ターン)

下僕は近接型で、レイハンドというPCや仲間を復活させるbitをもっている。当然だが防衛者自身には使えない。
治癒の雨も使えるが、防衛者自身が瀕死にならないと使ってくれない点に注意。
性別が♀も出現するようになった、それに伴いグラフィックも中性的なものに変更されている。
進化すると、防衛者 → 絶対防衛者(♂でも♀でも同じ)になり、進化時に技能:絶対防衛を取得。

宝物は、1度に2種類手に入る。片方は狂気度上昇を緩和するフィートを獲得、
もう片方はHPを癒しの雨を発動する再使用可能の宝玉。

アーティファクトは、治癒の雨やホーリーヴェイルを発動する。
唯一、「細槍」という専用の武器の種類に分類されるが、特に意味は無い。(対応する武器スキルは槍スキル)

富のヤカテクト

ヤカテクトは富の女神です。ヤカテクトを信仰した者は、高い交渉技術を身につけ莫大な富を築き上げます。

備考
捧げ物死体 首飾り 指輪
ボーナス感覚 耐久 / 交渉 自然鑑定 旅歩き 錬金術 投資
特殊能力オールコレクション自動:残骸、剥製、カードの入手率上昇
下僕白金ガチョウ近接型。食事をさせるとプラチナ硬貨を産む。1日1回
宝物★ヤカテクトの小遣銭の宝玉プラチナ硬貨10枚を足元に生成。1か月に1回しか貰えない
アーティファクト★《寛永通宝》

Plusで追加された神様。Plusから始めた場合、神々の休戦地に祭壇が存在する。
祭壇はネフィア内にランダム生成されたり、
サウスティリスのメルカーンの地下のカジノに祭壇が置いてあるので、そちらを利用しても良い。

捧げ物は首飾りや指輪などのアクセサリー系防具。ネフィアなどで拾い集めよう。

ボーナスは日常的に使うスキルが多く、どのようなPCでも恩恵を受けやすい。

特殊能力は、敵を倒すと大量の残骸(モンスターの骨、皮、心臓など)や剥製、カードが入手できる。
売り捌けばそれなりに良い稼ぎとなる。剥製とカードは博物館のランク上げにも使える。

下僕は近接型。Plusで追加された魔法のフェザーを使える。
栄養価が高い食物を与えるとプラチナ硬貨を一枚産む。ただしPCが睡眠を取るまで再発動しない(防衛者のレイハンドと同じ)
進化すると、白金ガチョウ → キンナリー(♂♀共通)になり、進化時に技能:プラチナソングを取得。

宝物は、1ヶ月に一度、プラチナ硬貨を10枚貰える。72時間後再使用可能だが、貰えるのは1ヶ月に一度。

アーティファクトは投擲武器。補助効果が多く付いているので、店番や戦闘用ペットの耐性を上げるために持たせるのもいい。

神の降臨について

8柱の神々は、願い、または秘宝を貰える以上の信仰の深さで、11月に神々の休戦地で祈る(1年に1回)ことで
降臨させることができる。

井戸、噴水の水を飲む、願いの杖を振るなどで発生する「願い」で、神の名前を入力するとその場所に神が降臨する。
例:収穫のクミロミの降臨を願うなら、「クミロミ」と入力する。
(「収穫のクミロミ」と入力すると収穫の魔法書が降ってきたりする。)
11月に神々の休戦地で祈る方法で降臨させた場合、12月以降に休戦地に入り直すといなくなるので注意。

その後は、その場所をウロウロする(街のNPCのように)だけで、特に何かするわけではない。
(降臨した神には、被召喚bitが付かないので時間経過、マップの出入りで消滅しない)

しかし、その神に対する信仰の深さが高まっている状態で話しかけると、特殊な装備が貰える。
具体的には、ご褒美の★アーティファクトが貰える位の信仰の深さ(40Lv以上)が必要。
信仰スキル、信仰の深さについてはこちらを参照。


降臨した神から貰える装備について
殆どがPV50という、PVが高い防具なので、軽量でありながら高PVの防具として使用できる。
付いているマイナスエンチャントは強烈だが、戦闘に使わないスキルならばデメリットは無視できる。

★《運命の輪》:エヘカトルより賜る「魔力制御」スキルと主能力「運」を大幅に下げる頭装備。
魔力制御スキルが下がるので範囲魔法や放射でほぼ確実に味方を巻き込む。
このスキルは巻き込んだほうがスキル経験値を多く得られるので、スキルを鍛えるのに使える。
魔法威力が下がるわけではないので味方を殺さないように注意。(一応、巻き込みを逃れた時にも、微量の経験値が入る)
運が下がると、マイナス系のランダムイベントの回避が起こりづらくなるので、通り魔イベントなどが発生しやすくなる。
スキルの訓練をする時は、わが家ならばランダムイベントが発生しないのを利用するといい。

★《暴風の首輪》:ルルウィより賜る「見切り」スキルと「回避」スキルが大幅に下がる首装備。
敵の攻撃を避けられなくなるため「軽装備」「中装備」「重装備」を鍛えるために使える。
(軽・中・重装備スキルはターン経過でも鍛えられるが、攻撃を受ける方が経験値が多い)
並の首当て以上のPVのため、回避する気が無いなら防具としても使える。

★《機械拘束具》:マニから賜る「戦術」スキルと「射撃」スキルが大幅に下がる胴体防具。
戦術と射撃が下がることにより物理攻撃のダメージも下がる。
つまり、敵を倒すまでに必要な攻撃回数が多くなるため、それ以外の戦闘系スキルの成長に使える。
PV150と強力な防御力を持つので、魔法型のペットに装備させれば頑丈な防具になる。

★《不殺の刺又》:ジュアより賜る大きなマイナスダメージ修正を持つ槍。
この武器で敵に対してダメージを与えることがまず出来ない。
敵を攻撃し続けることができるので、槍スキル、戦術スキル、両手持ちスキル、心眼スキル、乗馬スキルなどを鍛えられる。
マイナス修正の武器をもう一本用意すれば二刀流スキルも鍛えられる。

★《魔断の指輪》:イツパロトルより賜る「詠唱」スキルと主能力「魔力」が大幅に下がる指輪。
魔法自体のレベルが高ければ、詠唱スキルのマイナス補正を受けても十分な詠唱成功率が確保できる。
そして、魔力が下がることで攻撃魔法の威力が下がっているため、
敵を倒すまでに必要な攻撃回数が増えるので魔法の成長に使える。
魔力が下がればMP上限も下がるので、読書の失敗でMPを吸い取られる時が重なってもマナの反動による死亡リスクが軽減できる。
つまり読書するのに魔力が関係するような魔法書以外の時には使える。
ペットは詠唱スキルが魔法威力に影響する。魔力も下がるので攻撃魔法はほとんどダメージが出なくなる。
範囲魔法持ちペットの魔法に遠慮無く巻き込まれることが出来るようになり、「魔力制御」スキルを鍛えられる。
鋼鉄竜の指輪と同等のPVを持つため防具として優秀。魔法を使わないPCやペットならデメリットはほとんどない。

★《金色の鎖》:ヤカテクトより賜る「隠密」スキルと「交渉」スキルが大幅に下がる腕装備。
隠密スキルが下がることを活用する手段は特に無い?(情報求む)
交渉スキルが下がると、安いアイテムの売買でも経験値が入るようになりスキルを鍛えやすくなる。
所持金に余裕があるなら、これを利用して交渉スキルを更に鍛えられる。

★《神緑の茨》:クミロミより賜る「治癒」スキルと「瞑想」スキルが大幅に下がる腰装備。
装備中はHPとMPの自然回復が極僅かな量しか回復しなくなる。
そのためHP・MPを減らしておくと非常に長い時間、治癒と瞑想を鍛え続けることが出来る。
(この2つのスキルは、「自然回復」すると経験値が入るため。回復量と経験値の量は関係が無い)

★《大地の足枷》:オパートスより賜る「旅歩き」スキルと主能力「速度」を大幅に下げる足装備。
装備すると、速度が最低値の10まで下がるので、時間を経過させるのに使える。
時間が大幅に経過すれば、店の品揃えの変更などをすぐに発生させられる。
速度が下がり過ぎるので防具として使うのは難しい。

神の撃破と《中の神》について

8柱の神々は願いで降臨すると、普通のNPCのようにその場に留まり、自由に動き回る。
つまり、その神に戦いを挑み、打ち倒すことができるという事である。
圧倒的なステータスに加え、専用の技能まで使ってくる神々は強敵だが、
見事撃破することができれば、剥製やカード、貴重な進化アイテムを手に入れる事ができる。

しかし、それだけでは終わらない。
神は倒されると、その場に「中の神」と呼ばれる者が出現する。
中の神は一目散にPCに襲い掛かってくる。(神を倒した者がPC以外でも、PCに攻撃を仕掛けてくる)
撃破することができれば、★アーティファクトを手に入れる事が出来るが、その力は元の神以上なので十分注意すること。
神の撃破、及び中の神の撃破はElonaPlusにおけるやりこみ要素の一つといっていいだろう。
もし、神は撃破したが中の神が倒せない、というならばもう一度願いを発生させ「送還」と願おう。
そのマップにいる全ての神(中の神を含む)が帰ってくれる。

ちなみに中の神が落とす★アーティファクトは、
どれも強力なエンチャントを持ち、攻撃力も他のアーティファクトを軽く超える凄まじい一品だ。
が、非常に重く、壊滅的な命中修正に加え、終末を起こすエンチャントが付いているので武器として使うのは非常に難しい。
あなたが中の神を撃破した証のようなものだと思った方が良いだろう。