遺伝子合成 のバックアップ差分(No.1)

Last-modified:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
elonaplus版の追加要素は&color(blue){青字}、本家の要素の変更点は&color(red){赤字}で記載しています。
#contents()
----
*遺伝子合成とは [#mdfeaeb6]
ペットに別のペットを合成し、ペットの主能力を強化・装備部位の追加・スキルの取得を行なえる。
アイテム「★能力複合機」、スキル「生化学」、ペット2体が必要。&font(red){(ver.1.34から)★遺伝子複合機は★能力複合機、遺伝子学は生化学に名称変更}
(生化学を未習得でもスキルレベル0として処理されるので合成はできる。ただし経験値は得られず、装備によるブーストも反映されない。)
以下、★能力複合機にて表示される「素体となる仲間」を「&bold(){素体}」、「遺伝子を取り出す仲間」を「&bold(){取り出し}」とする。
-★能力複合機は使う(t)で使用する。
-「素体」と「取り出し」に使えるのは、レベルが「PCの生化学スキルのレベル+5」までのペット。&br()それより高レベルのペットは赤文字で表記され選択できない。&br()店番や待機中など、その場に居ないペットは表示されない。
-「取り出し」に使用したペットは、持ち物と共に永久に失われる。
- &font(red){遺伝子合成をした時の自動セーブは廃止された。}
#right(){&link_up(TOP▲)}
*遺伝子合成のルール [#c16e6713]
**主能力値に関して [#l898e9dd]
-「取り出し」の主能力値の高いほうから3番目までしか判定されない
--「素体」のレベルが「取り出し」のそれより低い場合、「素体」のレベルは両者の平均値+1まで上がる。
--「取り出し」のレベルが「素体」よりも低いか同じである場合、「素体」の主能力値は上昇しない(部位やスキル追加は問題無い)
-「素体」の主能力値は「取り出し」の主能力値より低くなければならない
--「素体」の主能力値が近いと合成後に「取り出し」の主能力値を超えることがある
-一つの主能力値の上昇量は最大で10。10までなら確実に上がる
--例えば筋力40の素体に筋力47の取り出しを合成すると筋力47までは確実に上がる
---ただし上から3番目までの能力に筋力が含まれている場合のみ
-生命力、マナ、速度は上がらない
-主能力値は「元の値」が適用されるので、装備品で増減させても意味がない
**装備部位に関して [#t67b383b]
-一部のモンスターは取り出しとして合成しても、素体の部位を増やせない
--奴隷商人が売っているような人間種族では部位がつかない
-&font(blue){『ガベラ』に部位を増やしてもらったペットを取り出しとして合成しても、部位は増えない}
--『ガベラ』については下記を参照
-すでに持っている部位はつかない(手や足という意味ではなく、”3本目の”手など)
--手をすでに4本持っている場合、ヴァルナを合成しても手は増えない
--一本も手を持っていなければ、ゴブリンを合成しても手は増える
-遠隔、矢弾は増えない
-胴体は最大で1ヶ所まで。それ以上は増えない
-11箇所(遠隔、矢弾除く)より多く装備部位を増やすと&bold(){速度減少のペナルティ}がある
--それ以降は1箇所増やす毎に速度5%のペナルティ
**その他 [#w85620fc]
-技能、魔法は遺伝しない。
-出血格闘や分裂など、キャラ特有のbitは遺伝しない。
-「取り出し」が分裂bitを持つモンスターの場合はスキルも部位も遺伝しない。
-合成すると2体のペットのレベル等に関係なく、PCの生化学スキルに経験値が入る。
-&font(red){会話画面から大事な仲間指定ができるようになった。大事な仲間に指定している間は合成材料できない。}
-&font(red){カスタムNPCを取り出しにして合成しても部位やスキル、主能力、レベルは増えないようになった。&br()CNPCを素体にするのは問題無し。}
#right(){&link_up(TOP▲)}
*合成のコツと注意点&anchor(合成のコツ){} [#o18bac48]
生化学のスキルレベルは、自分の現在のペットのレベルよりも少し高いくらいまで上げておこう。
スキルレベルを上げたいだけなら奴隷商人から購入したペットを適当に合成すればいい。
合成の間だけ、生化学ブースト装備を装備するという手もある。
合成するペットはできるだけレベルが近く、取り出しはより主能力に優れている事が望ましい。
部位、スキルを付けたいだけであれば、主能力値が高い取り出しを選ぶ必要はない。
特定の主能力を上げたい場合、その主能力の高いモンスターを「取り出し」に、他のレベルの低いモンスターを「素体」にして合成を行い、
欲しい主能力値が高くレベルの近いモンスターを作るという手間をかける事で、
特定の主能力を上げたいペットのレベルを無駄に上げなくて済む。

&font(blue){PlusにはAPシステムというものがある。}
APを使うことでフィートや技能、魔法などを習得できるが、APを入手するには「自分より主能力が高い敵を倒す」必要がある。
このため、遺伝子合成で主能力を上げ過ぎるとAPを入手し辛くなるので注意。
&font(red){また経験レベルが最大HP/MPに与える影響が大きくなった。}
遺伝子合成で経験レベルが低く、主能力が高いペットを作ると
最大HP、最大MP、スキルレベルが低く、APが入手し辛いペットができあがってしまう。
APは必ず入手しなければならない訳では無いが、遺伝子合成はほどほどにしておいた方がいい。
#right(){&link_up(TOP▲)}
*&font(blue){遺伝子合成以外で部位を増やす方法} [#c28703d5]
&font(blue){サウスティリスの開発主任『ガベラ』にPCとペットの装備部位を増やしてもらえるようになった。}
ただし生命力が減少する。
また、この方法で部位を増やしたペットを取り出しにして遺伝子合成しても、部位は増えない。(素体にする場合は問題ない) 

部位を増やす方法では無いが、
&font(blue){ノースティリスの生化学者『イコール』のサブクエスト終了後、PCとペットの装備部位を初期化できるようになった。}
生命力が2以上なら初期化の度に1減少する。
種族:カオスシェイプは規定レベル以降は部位が生えなくなるため初期化する場合は注意。
#right(){&link_up(TOP▲)}
*合成用のおすすめ素材 [#q5394c80]
**装備部位 [#r7560183]
初期装備部位の少ないペットを人型にしたい場合は、ゴブリン、イークなどを合成しよう。
部位は一度に一つしか付かないので、場合によっては複数回合成しなければならない事もある。
そういう場合は牧場を利用して取り出し用ペットを増やしておくと、いちいち捕まえる手間が省ける。

一種類の部位を複数付けたい場合は以下の方法で増やすといい。
#region
''用意するもの''
-部位を付けたいペット・・・初期部位の少ないペットなら速度ペナルティを受けないためオススメ
-★能力複合機・・・無いと始まらない。持ち運べる程度の強さも欲しい。
-ミュータント入りモンスターボール・・・手たくさんなど、偏った付け方をするには必須。面倒でも捕まえてこよう
-生化学スキル・・・20レベル程度でそこそこ、30レベル程度で十分。もちろん目当てのペットを合成できる程度は必要。
-PCのレベル・・・手10本以上とかやる場合、レベルは60ほど欲しい(マスターシーフを買うため)
-必須ではないが援軍、支配などモンスターを確保する手段。要領がわかっていれば奴隷の代替に

''要領''
-付けたい部位をカオスシェイプの特性を用いてミュータントに仕込み、それを合成する
--「ゴブリンに手を増やす」場合、&br()ゴブリン(手を2つ所持)+手を3本生やしたミュータント→手3本ゴブリン&br()手3本ゴブリン+手4本ミュータント→手4本ゴブリン&br()…&br()手12本ゴブリン+手13本ミュータント→手13本ゴブリン
--このように増やしたい部位について、&br()''(目当てのペットに付いている、増やしたい部位の現在数)+1''&br()だけ備えたミュータントを用意し、合成する。
-以下にミュータントの仕込み方について詳しく記す

''手順''
-ダルフィに必要なアイテムを持って、奴隷商人の所へ行く
-ミュータントを開封、所持部位を確認。
--このとき、ランダムで2部位付いており、欲しい部位が1つ以上あるのが望ましい
--いらない部位は目当てのペットがすでに備えているものにしよう。合成時にそちらが付くことがあるため
-奴隷を購入しミュータントと合成
--ミュータントは3レベルおきに1部位が新たに付く。1部位ずつ丁寧につけていくこと
---ミュータントLv6+ジューア剣闘士→ミュータントLv11
---ミュータントLv11+ジューア剣闘士→ミュータントLv14
---ミュータントLv14+ジューア剣闘士→ミュータントLv15
---ミュータントLv15+闇の宣教師→ミュータントLv18
---ミュータントLv18+イェルスエリート機械兵→ミュータントLv21
---(闇の宣教師+マスターシーフ→闇の宣教師Lv28)
---ミュータントLv21+闇の宣教師Lv28→ミュータントLv25
---(イェルスエリート機械兵+マスターシーフ→イェルスエリート機械兵Lv29)
---ミュータントLv25+イェルスエリート機械兵Lv29→ミュータントLv28
---ミュータントLv28+マスターシーフ→ミュータントLv32
---ミュータントLv32+マスターシーフ→ミュータントLv34
---レベルアップでもうあと1部位付けられるので、ヴァルナなどを組み合わせよう。余計な部位がついてしまうが
---奴隷の持つスキルを付けたくない場合は、間にバブル等の分裂生物を挟む必要がある。
-仕込んだミュータントを目当てのペットと合成
--目当ての部位が付かない場合もあるので注意
--仕込む作業が面倒なため、手4本指4本足2本までの部位は、ミュータントを仕込むより他のモンスターを連れてきたほうが楽
-完成。さらに付けるなら戻って繰り返し

''おまけ''
-増やす部位としては以下がおすすめ
--手・・・武器、盾いっぱいの多刀流
--腕・・・細工籠手いっぱいで威力&命中重視
--指・・・スピードリング、追加打撃・射撃いっぱい
--首・・・命中重視、追加打撃・射撃いっぱい

-ミュータントにも合成で部位を追加することは可能。たとえば合成で手を生やしてからレベルアップで手を生やし続ければ14本以上に
--さらにそのミュータントを材料にすれば他のペットも…
---必ず速度ペナルティが付く上に相当の根気が必要
---ペットが持てるアイテム数(≒装備できる武器防具の数)は20個まで
#endregion

**主能力 [#d0a967fb]
上記の遺伝子合成のルールの主能力値に関してをよく読み、上げたい主能力が高い「取り出し」を合成していこう。
&aname(合成のコツ){合成のコツと注意点}に書かれている方法を用いると、より効率良く合成ができる。

主能力を上げる合成用素材を探したいなら[[レベル順]]のページを活用してほしい。

**スキル [#y05f8b9e]
大道芸人、パンク、敗残兵、少女、ロックスロアー、イェルス機械兵、エレアの魔術師、盗賊団の術師、傭兵射手、傭兵魔術師は、
奴隷商人から購入可能。
レベルの低い野生動物系モンスターはノースティリスのフィールドマップや子犬の洞窟などで遭遇しやすい。

&bold(){スキル:窃盗、乗馬、生化学は合成で習得させることができない。}
覚えさせる方法は以下の2つのみ
-ペットに能力獲得の巻物を渡して(G)読ませる(ランダム)
-ペットに泉系オブジェクトの水を飲ませて願いを引かせる、願いの杖を渡して振らせる事で発生する願いで「スキル 〇〇」を願う

&bold(){戦術}
|LV|名称|
|1|大道芸人|
|3|コボルト|
|4|少女|
&bold(){重量挙げ}
|LV|名称|
|3|敗残兵|
|4|少女|
|13|ウッドゴーレム|
|19|ストーンゴーレム|
&bold(){両手持ち}
|LV|名称|
|1|パンク|
|3|コボルト|
|4|少女|
&bold(){採掘}
|LV|名称|
|2|ゴブリン|
&bold(){鍵開け}
|LV|名称|
|1|大道芸人|
&bold(){二刀流}
|LV|名称|
|1|大道芸人|
|9|ロックスロアー|
&bold(){探知}
|LV|名称|
|1|パンク|
&bold(){釣り}
|LV|名称|
|2|ゴブリン|
&bold(){心眼}
|LV|名称|
|1|鶏|
|2|ゴブリン|
|4|ムカデ|
|4|亡者の手|
|4|ブラウンベア|
&bold(){見切り}
|LV|名称|
|1|鶏|
|1|コウモリ|
|3|牧羊犬|
|4|犬|
|4|猫|
|5|猟犬|
|5|ワスプ|
&bold(){射撃}
|LV|名称|
|1|パンク|
|5|イェルス機械兵|
&bold(){解剖学}
|LV|名称|
|1|鶏|
|1|羊|
|1|ネズミ|
|3|まだら蜘蛛|
|20|傭兵射手|
&bold(){栽培}
|LV|名称|
|5|鉱夫|
|5|農夫|
&bold(){料理}
|LV|名称|
|7|レッサーマミー|
|8|ゾンビ|
|10|盗賊団の術師|
|14|マミー|
&bold(){魔力の限界}
|LV|名称|
|5|エレアの魔術士|
|20|傭兵魔術師|
&bold(){詠唱}
|LV|名称|
|1|パンク|
|3|敗残兵|
|5|エレアの魔術士|
&bold(){魔道具}
|LV|名称|
|1|大道芸人|
|5|エレアの魔術士|
|9|ロックスロアー|
&bold(){魔力制御}
|LV|名称|
|1|パンク|
|3|敗残兵|
|8|白衣のナース|
&bold(){交渉}
|LV|名称|
|1|大道芸人|
|5|イェルス機械兵|
|9|ロックスロアー|
&bold(){演奏}
|LV|名称|
|1|プチ|
|1|大道芸人|
|2|飛び蛙|
|2|見習い盗賊|
|4|猫|
|4|犬|
|4|ブラウンベア|
|4|少女|
&bold(){着衣水泳}
|LV|名称|
|1|やどかり|
|2|飛び蛙|
|3|牧羊犬|
|4|犬|
|5|猟犬|
&bold(){旅歩き}
|LV|名称|
|1|プチ|
|1|羊|
|1|野うさぎ|
|2|飛び蛙|
|4|少女|

#right(){&link_up(TOP▲)}